コンタクトレンズが一番高いようですね。

生涯コストで考えるとレーシックは安い!

眼鏡やコンタクトレンズを使っている限り、お金がかかりますよね。。

眼鏡はそれほど買い替えることはありませんが、度入り眼鏡でいいものを買おうと思うと5万円くらいします。

コンタクトレンズは毎日ワンデーを使っている人なら年間の費用はどのくらいなんだろう?かなりのものですよね。

2週間のやつもあるけど、ソフトコンタクトは汚れが付きやすく、細菌やアメーバなどの微生物に汚染されやすいので、ちょっと怖いですよね。。なので、私はワンデーコンタクトを使っていました。

でも、レーシックで視力回復すると裸眼で生活できるので、メガネもコンタクトレンズも必要なくなります!

つまり、その後の金銭的な負担はなくなるワケです。そして、早くやればやるほど金銭的には得になります。

ある雑誌にメガネとコンタクトとレーシックの費用比較が載っていたので、それをここに引用したいと思います。

ちなみに、私がレーシックをした神戸神奈川アイクリニックは15万円でした。

メガネ・コンタクト・レーシックの生涯コスト比較
種類 費用
メガネ 格安メガネ(1本6000円) 10年目:2万円
20年目:4万円
量販店メガネ(1本3万円) 10年目:10万円
20年目:20万円
コンタクトレンズ 1日使い捨てソフトレンズ(160円/1日) 10年目:58万4000円
20年目:116万8000円
2週間交換ソフトレンズ(50円/1日) 10年目:30万3000円
・レンズ 18万3000円
・ケア用品 12万円
20年目:60万5000円
・レンズ 36万5000円
・ケア用品 24万円
レーシック 6〜38万円

これを見る限り、コンタクトレンズって生涯コストで考えるとすごく高いんですよね。。

海外旅行に何度か行けちゃうくらいの費用がかかります。

メガネは安いですけど、女の子なら一生メガネだけというわけにいきませんよね。。

このような生涯コストで比較してみると、レーシック手術の優位性が分かります。

これも私がレーシックを決意した理由の1つもあります。

でも、やっぱり、一番の理由は裸眼で楽チンなのと、あとはカラコンですね!

カラコンもたくさんの種類から選べる!に続く »